断食のニーヤ




どんな物事でも、それに取り組む際に「アッラーのために」という意思をもって行えば(その行為がイスラームの教えに反していなければ)、すべてが崇拝行為(イバーダ)となります。

断食も同じ。特に断食を成立させるには、それを行うという意思をきちんと表すことが必要です。夜明けの礼拝の前に、「わたしはあなたのために、断食をします。」と心の中で、もしくは声に出して言うことで断食がはじまります。また断食をあける際には、「わたしはあなたのために断食をしました。そしてあなたの恵みで断食をときます。」と祈って、断食を終えます。


私たちは、アッラーのつくった世界に生きています。この体、吸い込む空気、口にするいのち、空から降る雨の水……そのすべては彼が、私たちに与えてくれている数えきれない恵みの、ほんの一部なのです。

ラマダンのひと月、いつだって忙しない心と体を少しだけ空っぽにして、アッラーの恵みについて、より深く考えてみる……健康であること、食事ができること、家族がいること、生きていること。欲を抑えて心穏やかに努めたさきで、心身ともに美しくなった自分に出会えるかもしれません。


私たちの断食と、祈りと、善い行いのすべてが、アッラーに受け入れられますように!


All deeds are valued according to the intentions behind them. Every action (performs in accordance with Islamic teaching) becomes act of worship (ibadah), when we intend to perform it for the sake of Allah.

Same applies to fasting. To complete fasting, it is essential to make the intention to fast. Before Fajr, we start our fast by saying in our heart or uttering in our mouth, that “I intend to fast for the sake of Allah”. And to break our fast, we pray “O Allah, I fasted for Your sake, and I am breaking my fast from the sustenance You blessed me with"


We live in this universe created by Allah. Our body, the air we breathe, the food we eat, raindrops... all those things are just a fragment of His glory, He allows us to see and savor.

In this blessed month of Ramadan, let us take a breather from our activities to observe and understand better of Allah’s blessings in our daily life.. Being in good health, being able to eat, having family, and being very fortunate to be alive. This act of self-control will be a test but the peace you get is beautiful.


May Allah accept our fast, our prayer, and all our good deeds!

CONTACT

olive produce films, publish journals, and support activities for young Muslims through financial means, human resource, and knowledge.

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

newsletter

olive